WordPressユーザーなら絶対に導入したい!便利プラグイン、Elementor(エレメンター)。

Elementorは、イスラエルのITチームが制作したWordPressのページビルダープラグインです。

通常、WordPressではテーマごとにレイアウトや編集領域が決まっていますが、Elementorを使用することによって、テーマデザインに依存せずに、デザインページをドラッグアンドドロップで直感的に製作することができます!
今回は、エレメンターでできることをご紹介します。

■ほとんどの操作をドラッグ&ドロップで直感的に行える

→HTML/CSSの知識がなくても、最初から用意されている要素で簡単にページを組み上げていけます。

■WordPressテーマのデザインにかかわらずページ単位で自由にレイアウトが変更可

→「このデザインのここを変更したいけど、レイアウトをさわれない、HTMLの知識もないから諦める…」なんてことがなくなります。
この記事も、エレメンターで制作して投稿しています。

WordPressの投稿画面に、「Erementorで編集」が出現。固定ページにもこのようなボタンが出現するので、各ページをそれぞれエレメンターで作る事ができます。

この記事の場合の編集画面です。
左側にエレメンターのウィジェットがあり、好きなウィジェットをドラッグ&ドロップで入れて、肉付けをしていきます。

■1PX(ドット)単位で細かな調整ができるため、web制作業者も活用している

→1px単位の変更も画面を見ながら調整できるため、納得の行くレイアウトを実現。

■プロ顔負けの様々なエフェクト要素を自由に取り入れる事が可能

→見出しやテキスト以外にも、マウスを乗せると色が変わるホバー機能や、アコーディオン機能、カウンター機能、写真ギャラリーなど様々な要素でワンランク上のページが作れます。

クリックで開閉します。Q&Aなどにもよく使われていますね。

カウンター機能

画像カルーセル

■パソコン、タブレット、スマホのレイアウトをそれぞれ調整できる

→まずはパソコンで作り、そのページをスマホ、タブレット用の編集画面で同じように直感的に調整できます。

「レスポンシブモード」があり、スマホ版のページも画面を見ながら編集が可能。

■各セクション(パーツ)ごとにインポート、エクスポートができる

→「エレメンターで作ったこの部分を、別のページでまるごと使いたい!」という場合は、インポート・エクスポート機能で簡単に複製ができるので、同じデザインの使いまわしができます。

1.例えばこのセクション(中の青い枠部分)を別のページでも使いたい場合は、この部分だけをエクスポートしてテンプレートとして保存できます。

2.エクスポートして保存したテンプレートを、挿入したい別ページでインポートすれば、何度も使いたいものは毎回作る手間がなく便利!

■料金は?

エレメンターには、無料版と有料版(Erementor Pro)があります。

無料版でも上記のような便利な機能がたくさんあり、テキストや画像など特に動きなどはなくて良いといった最低限でよい場合は、無料でも十分です。(上記の機能は全て無料の機能の一部です)

しかし、有料版は更に多くの機能があり、制作に使える数多くのテンプレートが使えることに加え、ポップアップやブログ記事の自動表示、料金表など、動きのある要素や便利な機能がたくさん使え、まさに自由自在、こだわりのページを制作できるようになります。

<参考>

弊社では、「自分で編集できるウェブサイト」のお手伝いに力を入れています。
無料で基礎が学べる動画講座がございますので、興味のある方は是非ご活用下さい!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう