数回に分けてエレメンターのご紹介をしています。
今回は、エレメンターで使えるキャンバス3種類をご紹介します。
エレメンターを使うと、基本的に「デフォルト」「エレメンターキャンバス」「エレメンター全幅」「テーマ」のキャンバスを選べます。
これらは、自分の作りたいページによって使い分けることが可能です。
今回は、どのような違いがあるかを比較・説明していきます。

エレメンターってそもそもどんな機能があるの?と気になる方は、
エレメンターの機能紹介ブログ を参考にしてください

そもそもエレメンターの「キャンバス」ってなに?

まずはこちらの画像を見て、比較をしてみてください。
投稿ページ、固定ページ共に、キャンバスを選べます。
今回は、弊社が提供しているコンサルタント特化型サイトの投稿ページを例にご紹介します。

デフォルトキャンバス

エレメンターで投稿を開き、固定ページレイアウトで「デフォルト」を選んだ場合がこちら。

通常のブログと同じようにサイドバーがあり、タイトル、本文と整列した状態。上にはヘッダーもあります。ここには見えませんが、下にいけばフッターもしっかり表示されます。
通常のブログレイアウトの画面のまま、タイトルやテキストなどの内容を、エレメンターで好きなように作っていけます。
今読んでいただいている弊社のこのブログも同じく「デフォルト」です。

エレメンター全幅

では次に、「エレメンター全幅」を見てみましょう。

デフォルトと同様ヘッダー、フッターがありますが、サイドバーが消え、画面横いっぱいに表示されています。
ヘッダーやフッターは残して、ページの内容をエレメンターで1から作りたい場合にお勧めです。

エレメンターキャンバス

次に、「エレメンターキャンバス」を見てみましょう。

ヘッダーやフッター、サイドバーなどもいっさいない、まっさらなページになりました。
通常は全てのページにヘッダーやフッターが表示されるのを、たとえばLP(ランディングページ)など共通のヘッダーやフッターが必要ない、もしくは共通ヘッダーとは別のヘッダーをページ自体にデザインして作りたいといった場合など、ページを0から作りたい場合などに使えるキャンバスとなります。

テーマ

次に、「テーマ」を見てみましょう。

デフォルトと同じようになりました。
例えばブログ専用でレイアウトがカスタムされているテーマなど、お使いのテーマによって見え方が変化します。

いかがでしたか?

このようにエレメンターはページごとにキャンバスのレイアウトから変更できるので、「このページは通常通りの表示でいい」「このページは1からデザインしたい」などといったことが自由に可能となります。

自分でホームページを作るのが、とても楽しくなりますよね♪

皆さんも今すぐエレメンターをインストールして、プロのWEBデザイナー顔負けのサイト制作に挑戦してみませんか?

弊社では、エレメンターのキホンの使い方動画マニュアルを配信しています。
興味のある方は下のボタンから是非ご覧いただき、ご活用ください。

テキストや画像を変更するだけ!
広告集客に必要なLP(ランディングページ)がそのまま使えるテンプレートプレゼント中!
エレメンターで実際にどのように作られているのか、制作の参考にもなります!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう